芝生販売

芝生販売

芝生販売

このページは「芝生の種類と特性 」の情報コンテンツです。
芝生販売 > 芝生の種類と特性

豆知識

芝生の種類と特性

芝生として利用される植物は主にイネ科の植物です。イネ科の植物は何度刈られてもくじけずに伸びる性質があります。

暖地型と寒地型の芝

低く刈られることに耐えるという共通点のある芝ですが、夏は緑で、冬は枯れる暖地型と冬でも緑を保つ寒地型の2つに大別されます。暖地型の芝は、一般的には日本で古くから栽培されるノシバやコウライシバに代表される種類です。暑さや乾燥に強い特徴があります。晩秋には成長が止まり冬は枯れて休眠状態になります。春になると再び生育を始めます。

寒地型の芝は、適温は15~22度と低く、5度を下回ると生育は停止しますが、葉は枯れることがありません。ケンタッキーブルーグラス、ペレニアルライグラス、トールフェスクなどの種類があります。

手入れが簡単な日本芝

日本に自生しているので日本の気候に合い、家庭や公園など広く普及しています。暑さや多湿に強く、乾燥にも耐え、病気や害虫に強いなどのすぐれた特質があります。また、葉の伸び方が少ないので、月1回程度の刈り込みできれいな芝生を維持できます。日本芝はタネから育てることはあまりしません。発芽から芝生になるまでに時間がかかるので、切り芝を購入して、設置するのが一般的です。日本芝はだいたい暖地型の芝が多いといえます。

冬でも美しい西洋芝

日本芝に比べて、芝質がやわらかく、冬に美しい緑を楽しめることや、種子から安く芝生をつくれるなどの魅力があります。西洋芝は寒地型の芝が多く、一般的には涼しい気候を好みます。日本では北海道や高冷地などの、夏でも涼しい地域での栽培が適しています。夏に高温になる地域では、春や秋にはよく育ちますが、梅雨から夏にかけては生育が停滞し、30度以上の真夏日が続くと夏枯れを起こす場合があります。しかし、暑さに強い種類を選んで、適切な組み合わせでタネをまくことで、これまで栽培が難しいとされてきた地域でも利用が広まってきています。

芝生販売 激安通販